オフサイドの解釈について

オフサイドの解釈について

 
必ず確認して正しくプレーしましょう。
ただ、意図的とするかどうかは完全に審判の判断に委ねられるので、自分の判断だけでプレーを止めず笛が鳴るまでプレーし続けるようにしましょう。 
各大会10月から適応とのことです。

 

国際サッカー評議会(IFAB)の2022年7月27日付回状第26号にて、オフサイドの判定に関わる「意図的なプレー」と「ディフレクション」との違いに関するガイドラインの明確化について通達されました。

今回の通達は、オフサイドに関わる守備側競技者のプレーが「意図的なプレー」であったか否か注目される状況が世界的に見受けられたため、IFABが国際サッカー連盟(FIFA)と協議の上、判断基準を示すことで明確化したものです。したがって、適用日が示される改正とは異なり、即時有効となります。しかしながら、競技およびプレーの結果に影響を及ぼす内容でもあることから、競技者、監督/コーチそして審判員、そして競技に関わる人々が理解した上で運用されることが必要となります。
 
 

 

 

 

 

オフィシャルスポンサー

   

オフィシャルスポンサー募集中!

オフィシャルサポーター

  

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Staff Match Report
おすすめの記事
スポンサーリンク